2013年05月07日

御田祭



5月3日は、吉良川の御田祭でした!
IMG_0619.jpg



御田祭では稲作の芸能が演じられます。

IMG_0573.jpg

殿とかしゃ、女猿楽、田打、えぶり指し、田植、酒絞り…などの演目があり、
子供が欲しいと願う女性達が子供の人形を奪い合うという”酒絞り”が有名です。



演目の間には”殿”と”かしゃ”が登場し、次の演目を伝えます。

↓この仮面をかぶっているのが”かしゃ”です。

IMG_0598.jpg

次の演目を殿から聞いた後、「次は”えぶり指し”をだしますぜよ!」などとお客さんに伝えていました。


↓そして、こちらがえぶり指しの様子です。
IMG_0573.jpg


田打ちという演目で耕した田んぼをならしています。
”えぶり”という道具を振り上げた瞬間、客席から拍手がおこっていました。

次に田植えの演目です。
宮司さんからは田植えが一番華やかだという説明がありました。

↓女性役の方々が並んでいます。美しい着物が並ぶと確かに華やかですね。
IMG_0581.jpg



そして、次はいよいよ酒絞りです。
今年も子宝成就にあやかりたい女性が多く参加し、舞台に上がりました。

IMG_0601.jpg

合図とともに人形が投げられた瞬間、女性達が人形を奪い合っていました。

凄まじい争奪戦で、もうこのあたりで終わりましょう!」と静止の声がかかるまで悲鳴があがっていました。
IMG_0607.jpg



演目の終わりには、宮司さんからのお話がありました。
御田祭は、全国でも有名な奇祭の一つであり、
その理由としては、古くからのしきたりで、普段は舞台に上がることを禁じられている女性が、
この”酒絞り”の演目においては、大勢の女性が舞台に上がることができるからだということでした。


また、近頃は児童虐待等のニュースがよく聞かれますが、祭りにいらっしゃった方々は
これを機会に、昔から大切にされてきた子供という存在を心に残しておいて欲しい、というようなお話もされていました。





華やかな衣装やひょうきんな動作が面白く、
見ていて飽きない演目の数々…
そして、子供に対する目の向け方についても、学ぶことの多い御田祭でした。


















posted by kujira at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 室戸のまち散歩